女性用育毛剤NO.1トップ >  > 20代女性の薄毛の原因と改善策

20代女性の薄毛の原因と改善策

20代女性の薄毛の原因と改善策女性の薄毛や抜け毛の主な原因は加齢にともなう頭皮環境の悪化やホルモンバランスの乱れということもあり、更年期以降にあらわれる症状というのが一般的な認識です。


「毛根細胞の活性が低下する」「女性ホルモンの分泌が悪くなる」などある種の老化現象によって薄毛は引き起こされるものですが、ここ最近はそうした老化現象とは無縁のはずの20代女性にも抜け毛・薄毛の症状に悩んでいる人が数多くいて、しかも増加傾向にあるといわれています。


その原因としては、ストレスや過度なダイエット、喫煙、睡眠不足などの生活習慣の乱れを指摘する声が多いです。実際、ライフスタイルに問題があるケースも少なくないのですが、正直それだけでは説明がつきません。


若くして薄毛という場合、無視できない事実として、生まれつき毛量が少ないとか、髪が細く柔らかい、分け目が目立つという人が一定数いるということです。


少毛・・・生まれつき「髪が少ない・細い・柔らかい」というケース

20代あるいは30代前半という若い年齢で薄毛に悩む方のなかには、小学生、中学生の頃から髪が薄かったという人もいると思います。そういう方は生まれつき髪が細い、毛量が少ないケースだといえます。


くせ毛や直毛といった髪質が親から遺伝するように、髪の太さや硬さ、毛量も遺伝で決まります。


本来ある程度の太さがあった髪が細く痩せていき、薄くなってしまうことを「薄毛」だとすると、生まれつき髪の毛量が少ないとか、細く柔らかい髪質のためボリュームがないというのは、「少毛」といったほうがしっくりきます。


少毛は、遺伝的因子が原因である以上、育毛ケアをしても、本来の毛髪量が少なく、髪が細かったりするので、それを太くしたり、毛量を増やすというのは難しいです。


では、遺伝的に髪が少ない・細い・柔らかい人にとって育毛ケアが意味がないかというとそれは間違いです。少毛の状態からさらに薄毛が進行するという可能性があるためで、育毛剤を使った頭皮ケアなどでヘアサイクルを正常に保つことは、薄毛を防ぐことになるからです。

女性の薄毛と脱毛遺伝子の関係

男性の場合、父親が薄毛であったり、母方の祖父が薄毛だと脱毛遺伝子を受け継いでしまう可能性が高いです。


思春期以降、男性ホルモンが活性化するのに従い、脱毛遺伝子の影響がでてきて、男性型脱毛症(AGA)を発症します。


女性の場合は女性ホルモンが男性ホルモンの活性を抑制するので、遺伝的に脱毛遺伝子を保有していても、それが必ず現れて薄毛になるというわけではありません。


男性は遺伝でほぼ薄毛が確定済みなのに対して、女性は必ずしも遺伝で決まるわけではないというに男女の薄毛の違いがあります。

20代女性の薄毛の原因として考えられる理由

生まれつきではなく、1人暮らしをはじめてから髪が薄くなってきたとか、社会人となり働きに出るようになってから抜け毛に悩むようになったという場合は、ストレスや生活習慣の乱れ、疾病疾患、薬の副作用などが薄毛の原因として考えられます。


20代女性の薄毛の原因として特に気をつけた欲しい点は以下のとおり。


ストレス

ストレスは自律神経の乱れ、ホルモンの乱れ、血流の悪化など髪や頭皮に対してさまざまな悪影響は及ぼします。


外に働きに出る女性が増えたことで、仕事や職場関係のストレスが加わったことが若い女性のストレスを増大させている主な原因だと考えられていますが、ルックスや容姿に対して他人の目を気にする傾向が昔に比べて強くなっていることも若い女性のストレスの原因になっているような気がします。

睡眠は量にも質にも問題あり

長時間労働や長時間の通勤のせいで睡眠時間そのものが不足しているということもありますが、PCやスマホのせいで睡眠の質が著しく低下しているのが20代特有の問題といえます。


スマホのやりすぎで寝不足になるということは以前から指摘されていますが、ディスプレイから発せられるブルーライトによってメラトニンの分泌が阻害されてしまうので、熟睡できなくなってしまうという睡眠の質の低下も気をつける必要があります。

シャンプーのしすぎ・髪のオシャレ

見た目の「かわいい」にこだわる若い女性特有といえますが、パーマ(薬液や熱によるダメージ)、カラーリング(脱色)、逆毛で作った盛り髪、長期間にわたるエクステは髪と頭皮を傷めるため控えたほうがいいです。


シャンプーも1日1回でOK。朝シャンすることで皮脂をとりすぎるなど頭皮環境の悪化招いていることがあります。シャンプーを減らすだけで髪のハリ・コシが戻ってくるというのは有名な話です。

薬の影響(ピル・向精神薬)

糖尿病薬、降圧剤、高脂血症用剤などの副作用で脱毛が起こるのと同様に妊娠予防のピルやうつ病に処方される向精神薬などの副作用としても脱毛が起こることが確認されています。


薬の影響による抜け毛は薬を止めれば全快するケースがほとんどですから、対策としては簡単です。実際止められるかどうかはまた別問題ですが...。

ダイエット&栄養障害

一人暮らしをはじめて食生活が乱れると抜け毛が増えるということはよくあります。他にも過度なダイエットにより、カロリー不足やタンパク質やビタミン・ミネラルが不足すると、栄養障害や女性ホルモンのバランスが乱れるなどして脱毛が起こります。


ダイエットによる脱毛は特に深刻で何度も繰り返していると、ヘアサイクルが狂ってしまって髪の毛が年単位で生えてこなくなります。やせ体型の人も注意してください。

女性特有の病気(貧血や多発性卵巣嚢胞など)

20代女性が気をつけてほしいのは、「鉄欠乏性貧血」、「婦人科系疾患(多発性卵巣嚢胞、卵巣腫瘍、子宮筋腫、子宮内膜症)」、「膠原病」、「甲状腺機能障害」といった疾患疾病です。


病気が原因の場合、抜け毛が大量であること、むくみやだるさ、疲労感といった全身症状があるのが特徴になります。男性に比べると病気が原因の抜け毛や薄毛が女性は多いので、抜け毛に身体の不調が伴うようであれば、病気が隠れていないか医療機関で相談・検査を受けてみたほうがいいです。


20代女性向けの育毛ケアのポイント、おすすめの女性用育毛剤は?

20代は年齢からして加齢による毛包の縮小といったことは考えられません。


血流が悪化していたり、髪を作る材料となる栄養分が不足していたり、ホルモンバランスが乱れていることでヘアサイクルが乱れているのが抜け毛・薄毛の原因です。


※若い世代に意外と多いのが自分で薄毛だと思い込んでいる「思い込み薄毛」というケース。髪の太さや毛量に問題がないケースでも自分で薄毛だと思い込んで、必要以上に悩んでしまっている人が少なくないようです。


基本的に若さという最大にして最強の武器があるので、髪に悪い生活習慣を改めて、ヘアサイクルを乱している原因を取り除けば、自然と髪は生えてくるはずです。


積極的に髪や頭皮に対してケアしていくという攻めの育毛よりも、髪や頭皮に悪い影響を与えている原因を取り除くという守りの育毛に重点をおいたほうが効果も出るでしょうし、何よりお金もつかわなくてすむはずです。


20代女性は髪に悪い習慣を改めることが最優先!

 朝シャンしているなら止める
 タンパク質・ビタミン・ミネラルを意識して摂取する
 夜はスマホを控える。日付が変わる前に寝るようにする
 運動するようにする。ストレス発散にもなります。←大事!


何が自分の髪に悪い影響を与えているのか、自分で心当たりがあるのならまずはそこから見直していけばいいのですが、自分でも何が抜け毛や薄毛の原因なのかわからないという場合は、頭髪外来にいって専門医に相談・検査してもらうのがいいかもしれません。


初診時の診察料や血液検査の費用はかかりますが、血液検査で甲状腺やホルモン分泌に異常がないかを調べてもらって、専門医に髪の悩みを相談するだけでも気持ちはだいぶ楽になるです。


※ 経済的に薄毛治療が難しいということを最初に伝えれば普段の生活でどんなことに気をつければいいか、ヘアケアや頭皮ケアはどうやればいいかを教えてくれるはずです。


20代女性の薄毛は生活習慣の乱れが原因というケースがほとんどですが、どうしても病気や栄養不足といった可能性もあるので、まずは何が原因なのかをしっかり把握しておく必要があります。


育毛剤を使うか使わないかを決めるのはその後でも結構です。


20代では攻めの育毛アイテムである育毛剤はそこまで必需品ではないので、自分にとって育毛剤を使ったケアが効果がありそうだ、必要だと思ったらそこではじめて購入を検討してみたらいいと思います。


チェックしておきたい、20代女性の育毛に役立つ当サイトコンテンツ

薄毛・抜け毛を防ぐシャンプーと頭皮マッサージのやり方 ≪薄毛・抜け毛を防ぐシャンプーと頭皮マッサージのやり方≫
発毛と育毛のためには頭皮という髪が育つ土壌を整えることが必要不可欠です。そんな頭皮ケアのために意識したいのがシャンプーと頭皮マッサージです。
急に抜け毛が増えたら病気の可能性も ≪急に抜け毛が増えたら病気の可能性も≫
抜け毛だけでなく、めまいや疲労感やだるさがある場合は病気も疑ってみるべきです。「鉄欠乏性貧血」「婦人科系疾患(子宮筋腫、卵巣嚢腫)」「膠原病」「甲状腺機能低下症」の可能性は?
30代女性の薄毛の原因と改善策 ≪30代からは積極的な育毛ケアが不可欠!≫
女性の髪は30代後半から一気に下り坂に。加齢の影響がでてくることもあり、アンチエイジングを念頭においた積極的な育毛ケアが必要不可欠になってきます。

PICK UP!育毛剤選びのヒント

価格とコスパで選ぶ
定期購入(6か月)した場合のコストを調査。
頭皮への優しさで選ぶ
敏感肌・乾燥肌も安心の低刺激な育毛剤を厳選!
人気5商品を徹底比較
有効成分、コスパ、特徴など5項目で徹底比較。
加齢の影響が大きいといわれる女性の薄毛ですが、ここ最近は、20代と若い女性に人知れず抜け毛・薄毛の悩みを抱えている人が増えています。「老化」という原因が当てはまらない以上、考えられる理由は「遺伝」と「生活習慣」に注目してみる必要がありそうです。