女性用育毛剤NO.1トップ >  > 頭皮にやさしい女性用育毛剤を選ぶ

頭皮にやさしい女性用育毛剤を選ぶ

頭皮にやさしい女性用育毛剤

女性の頭皮が男性よりも敏感な理由 有効成分が高濃度で配合されている男性用育毛剤のほうが一見すると育毛効果は高そうにおもえます。しかし、女性は男性用ではなく、女性用の育毛剤を使ったほうがいいです。


その理由ですが、抜け毛や薄毛が気になるという女性の頭皮はデリケートな状態になっていることが多く、男性用育毛剤を使うと頭皮に刺激になるからです。


というのも、


 肌と同じで30代以降は頭皮も乾燥しやすくなってしまう
 髪が薄くなる産後や更年期は女性ホルモンの影響で肌が敏感になってしまう


30代ともなると肌のターンオーバーが遅れだし、その過程でつくられるセラミドやヒアルロン酸といった保水力のある保湿成分の産生量が落ちます。


さらに女性ホルモンのエストロゲンには肌の水分量を増やす作用があるので、それが減少する産後や40代後半からの更年期以降は、より肌のバリア機能が低下し、敏感になってゆらいでしまうという女性ならではの事情があります。


育毛剤は効果が出るまでに3ヵ月~6ヶ月と時間がかかるもの。長く使うことを考えても頭皮に対してやさしい「無添加or低刺激」のものを使ったほうが、頭皮のかぶれやかゆみといった心配なく、安心して使うことができると思います。


敏感肌・乾燥肌にも安心して使える頭皮にやさしい女性専用育毛剤

敏感肌・乾燥肌の人がチェックしたい3つのポイント

刺激の強い化学成分ができるだけ配合されていないこと!
パッチテスト、アレルギーテスト済みかどうか!
お試しセットor全額返金保証があるかどうか!

マイナチュレ
初回:980円+税 送料無料
頭皮へのダメージになる11種類の化学成分を排除したこだわりの無添加育毛剤です。北海道ミツイシコンブを主成分に17種類の天然植物由来成分やアミノ酸を配合。
マイナチュレ
アンジェリン
初回:3,900円 送料無料
王子製紙グループが開発した女性用育毛剤。 パッチテスト・アレルギーテスト済み。
アンジェリン
柑気楼
定期:5,112円 送料無料
柑橘の力と生薬の力で頭皮環境を改善。弱酸性・無香料で刺激が少なく肌にやさしい処方。
柑気楼
実感できる女性目線の女性用育毛剤♪
マイナチュレがNO.1!  無添加だから乾燥肌や敏感肌にも安心して使える!
 27種類の天然植物由来成分を絶妙なバランスで配合!
 180日間の返金保証付きだからきちんと相性を試せる!


香料や石油系界面活性剤、パラベン、合成ポリマーといった化学成分をできるだけ配合しないというこだわりは、マイナチュレの特徴の1つ。


肌が弱い方にとっては、こうした刺激・ダメージになる余計な化学成分が無添加な点と植物由来の自然素材がたくさん使われている点は、魅力的だと思います。


さらに無香料というのもポイントで、育毛剤を使っていることが周りにバレないという安心感もあります。


半年間(180日)実際に使ってみて、育毛効果や香りや頭皮との相性など確認した後でも返金できる制度に変更されたこともあり、「買って損する」ということはないはずです。

合成界面活性剤や防腐剤は頭皮に刺激になるダメージ成分!?

育毛剤だけでなく、化粧品全般にいえることですが、特定の化学成分や合成成分を悪者扱いすることがあります。本当に刺激・ダメージを与える化学成分もありますが、品質保持上、どうしても配合しなければいけないものもありますし、安全なのに悪いイメージがついているものも多いです。


合成界面活性剤

合成界面活性剤は皮膚に刺激になると悪者扱いされることが多いですが、「皮膚への刺激=タンパク質変性作用」があるのは陰イオン界面活性剤のみ。陰イオン界面活性剤のなかでも最近はアミノ酸系、酸性石けん系などタンパク質変性作用をほとんど持たないものもあります。


育毛剤などの塗布用化粧品で使われているのは非イオン系界面活性剤ですから、皮膚刺激は基本的に心配しなくて大丈夫です。また、毒性や皮膚への刺激の強さは界面活性剤の化学式(構造)で決まるので、"石油系""植物系"という原料による界面活性剤の分類も実はまったく意味がありません。

防腐剤(パラベン、フェノキシエタノール)

防腐剤は菌を殺す作用があるため、頭皮に棲む皮膚常在菌を殺して、頭皮環境を悪化させる可能性があります。ただし、育毛剤の容器の内部に雑菌が繁殖しないようにするために品質保持上、絶対に必要な成分だということを覚えておいてください。


女性用育毛剤ではパラベンではなく、1,2-ペンタンジオール、フェノキシエタノールといった成分が防腐剤として使われています。無害とはいえませんが、安全性は比較的高いです。

エタノール(アルコール)

血行促進、皮脂抑制、防腐力向上、清涼感などの頭皮環境にプラスの面もありますが、乾燥を促すというマイナス面もあります。女性用育毛剤には植物エキスの抽出溶媒としてエタノールが使われているケースが多く、しかも微量なので、乾燥の心配はないと思いますが、アルコールに過敏に反応してしまう体質の人は注意したほうがいいです。


地肌に負担をかけないように女性専用育毛剤を使いましょう!

低刺激でマイルドな頭皮にやさしい育毛剤を使うということは女性の育毛剤選びで重要なことですが、それと同じくらい重要なのが、地肌に負担をかけない育毛剤の使い方を心がけるということです。


「生えろ!増えろ!」と焦る気持ちがあると、つい育毛剤を頭皮に擦り込むようにして使ってしまったり、一度にたくさん塗布する、規定回数以上に1日に何度も使うといった使い方をしがちです。


特に多いのが「量を増やせば効果も高まるし、早まる」と考えてしまうことなんですが、残念ながら塗布量を増やしても、規定回数以上に1日に何度も使っても、頭皮が育毛剤を吸収する量はある程度、決まっているので効果は変わりません。


むしろ、頭皮を触ったり、擦ったりする回数が増えることで、頭皮が荒れてしまって頭皮環境が悪化してしまうということになりかねません。頭皮に擦り込むように育毛剤を塗布しても浸透力が高まるわけではないので、これも是非覚えておいてください。


1回にどれぐらいの量を使うのか、1日に何回使うのか、使うタイミング、頭皮が濡れていても大丈夫か、それとも乾かしてから使うのか、といった使用上の注意は、育毛剤に添付されている取扱説明書にきちんと記載されているはずなので、ちゃんと守るようにしてください。


女性育毛剤の正しい使い方

 成分吸収の妨げにならないように洗髪後の清潔な頭皮に使うこと
 規定回数(朝晩2回が多い)を守り、毎日継続すること


この2つは、男女問わずすべての育毛剤に共通することでしょうけど。


自己流の使い方は効果を実感しにくくなるだけでなく、地肌に負担をかけてしまうことにもなりかねないので、「正しく使う」ということを意識して、毎日の育毛習慣に育毛剤を使ったケアを取りいれるようにしてくださいね。

PICK UP!育毛剤選びのヒント

価格とコスパで選ぶ
定期購入(6か月)した場合のコストを調査。
頭皮への優しさで選ぶ
敏感肌・乾燥肌も安心の低刺激な育毛剤を厳選!
人気5商品を徹底比較
有効成分、コスパ、特徴など5項目で徹底比較。
抜け毛や薄毛が気になる年齢や産後や更年期といった時期の頭皮は敏感になっていることがほとんど。そのため肌が刺激に弱い敏感肌・乾燥肌の人でも安心して使える低刺激にこだわった育毛剤を選ぶようにすることが大切です。