女性用育毛剤NO.1トップ >  > 夏から秋に抜け毛が増えるのはなぜですか?

夏から秋に抜け毛が増えるのはなぜですか?

夏から秋に抜け毛が増える理由
夏から秋に抜け毛が増える理由
秋に抜け毛が増えるという話を聞いたことがあるんですが、私の場合は夏にすごく抜けるように思います。友人のなかには「春になると抜け毛が多い気がする」という子もいて、人それぞれ髪が抜けやすい季節があるのかなー?と疑問に思ったんですが、どうなんでしょうか?

「夏から秋に抜け毛が増えるのはなぜ?」質問に回答します!

髪は日々抜け落ちていますが、1年を通してみると、夏から秋の季節の変わり目(7月、8月、9月)が一番抜け毛が増える季節だといわれています。


抜け毛の本数というのは、1日あたり平均すると50~100本といったところなんですが、これが夏の終盤から秋にかけての時期になると、1日の抜け毛の本数は、2倍から3倍の200~300本と倍増します。


この理由ですが、春から夏にかけての紫外線が強い時期は、頭部を紫外線から守るために成長期にある髪の毛の割合が増えます。また、気温が高くなる4月くらいからピークを迎える8月までの間は髪の毛が伸びるスピードも一番早いです。


この頭部の紫外線対策として増えていた髪の毛は夏の終わりとともに抜けます。さらにヘアサイクルと関係なく、紫外線ダメージによって抜け毛が促進されることもあって、夏から秋にかけては抜け毛が増えると考えられているんです。


夏から秋にかけて抜け毛が増える原因

ヘアサイクルによるもの
紫外線によるダメージ、皮脂の酸化の影響
夏バテ・体力の低下
暑さや高湿度による睡眠の質の低下
暑さが原因の食欲不振・栄養不足


夏の紫外線や暑さなどの影響で頭皮環境が悪くなったり、生活リズムが崩れて、偏った栄養バランスの食事になってしまったり、寝苦しさゆえの睡眠不足などが重なった影響が1か月ぐらいのタイムラグを経て、表面化するとも考えられるわけですね。


夏の抜け毛や秋の抜け毛は、季節的な要因といってもいいものなので、そこまで気にする必要はないんですが、髪が痩せてきたとか、頭頂部が薄くなってきたという自覚が多少ともあるとと抜け毛に対して過剰に反応してしまいがちです。


「シャンプーした後、髪がごっそり抜ける」
「ブラッシングした後の洗面台に散らばる抜け毛に唖然とした」
「朝起きたときに枕に落ちている抜け毛が明らかに多い」


などなど、パニックになる人もいますよね。


その抜け毛が寿命を終えて抜け落ちた正常なものなのか、それとも脱毛症につながるものなのかは、以下の方法で抜け毛を観察することで、ある程度判断できます。

抜け落ちた髪と後頭部の髪の毛を比べる

後頭部というのは薄毛の影響を受けにくい部位です。


そのため、髪のハリやコシや太さに異常がないかは後頭部の髪の毛と抜け落ちた毛を比べてみると、よくわかります。


後頭部の髪の毛に比べて、抜けた毛が短くて細いとか、ごっそりと不自然な抜け方をしている、ナヨナヨしてうぶ毛のようだという場合は、ヘアサイクルに異常が起こっている可能性があるので薄毛につながる抜け毛といえるかもしれません。



抜け毛の本数では、薄毛の進行状況はわからないということですね。抜け毛の状態や毛根をチェックしたほうが今の自分の髪の状態がどうなっているのか、慢性休止期脱毛や女性男性型脱毛症など、脱毛症の兆候があるのか正確にわかると思います。


春に抜け毛が増えるのはストレスが影響しているかも?

夏や秋に髪が抜けるという人が圧倒的に多いですが、春になると抜け毛が増えるという人もいます。冬に抜けるという人はほとんどいないのではないかと思います。


冬から春にかけての季節の変わり目は、紫外線量が増えてくるということもあり、それが抜け毛に影響するとも考えられるわけですが、おそらく一番影響があるのは春がストレスの季節だからということでしょう。


春は職場の異動や転勤、引っ越し、子供の進学・卒業など、新年度への切り替えの時期であり、環境が変わることでストレスを受けやすい季節です。また、花粉症の人とっては、アレルギー反応として頭皮が痒くなったりすることがあるように、少なからず頭皮に影響があります。


※花粉症というと目のかゆみや鼻水くしゃみなど粘膜系にトラブルを引き起こすというイメージがありますが、肌に触れることで炎症をおこして皮膚炎やかゆみにつながることがあります。


こうしたことが重なって、抜け毛という形であらわれていると考えられるんですね。


普段何もしていなければ、こうした環境の変化やストレスの影響をモロにウケてしまうと思いますが、髪にとっていい生活習慣とヘアケア・頭皮ケアを続けていれば、影響を受けるにしても最低限に抑えられるのではないかと思います。


抜け毛が増えるとわかっているからこその予防&育毛強化!

春や秋に抜け毛が増えるのは季節の変わり目の一時的な脱毛とはいえ、40代以降の女性の場合、女性ホルモンの分泌量が下降気味ということもあって、元の状態に回復するまで時間がかかるようになってきます。


そのため、まずは抜け毛がこの時期に増える原因をきちんと理解したうえで、できるだけ紫外線ダメージや生活習慣による抜け毛を減らすことが大切です。予防が最優先ですが、育毛剤を利用して、頭皮と髪を育てることも忘れずに行いたいものです。

生活リズムを崩さない!

質の良い睡眠は髪にとって大切なものですが、夏は暑さのせいでそれも乱れがちです。血管が表面を走っている頭・首・ワキの下を保冷剤や冷やしたタオルで冷やすと身体の深部体温を下げられるので寝苦しさを解消できるはず。


しっかり睡眠をとれていれば疲労回復や夏バテ防止といった効果が期待できます。日中浴びた紫外線ダメージからの回復にも熟睡は欠かせませんから、睡眠のリズムを崩さないようにしましょう。

シャンプーのしすぎに要注意!

夏は汗をたくさんかくので、朝起きて1回、帰宅してからもう1回と1日2回シャンプーをするという人もいると思いますが、シャワーは2回浴びてもシャンプーするのは1日1回、夜のみにします。


朝はお湯で洗髪し、帰宅後は日中浴びた紫外線によって皮脂が酸化されつつあるので、それを落とすためにシャンプーを使うようにします。シャンプーをして余分な皮脂を落として頭皮を清潔にした後は、仕上げとして育毛剤を使えば抜け毛予防は万全です。


さらに、理解を深めるための当サイトコンテンツ

育毛剤&薄毛の悩みQ&A ≪育毛剤&薄毛の悩みQ&A≫
女性用育毛剤についてよくある質問、抜け毛や薄毛のかんする質問について、できるだけ専門知識を分かりやすく、詳細に回答します。
知っ得!育毛特集 ≪知っ得!育毛特集≫
女性向けの育毛剤の選び方やランキングをはじめ、女性が知っておきたい正しい育毛ケアのやり方や最新の抜け毛・薄毛情報を紹介します。
人気の女性用育毛剤5商品を徹底比較 人気の女性用育毛剤5商品を徹底比較
女性用育毛剤として人気の「マイナチュレ」「アンジェリン」「薬用リリィジュ」「花蘭咲」「柑気楼」を有効成分、コスパ、特徴など5項目で徹底比較。

PICK UP!育毛剤選びのヒント

価格とコスパで選ぶ
定期購入(6か月)した場合のコストを調査。
頭皮への優しさで選ぶ
敏感肌・乾燥肌も安心の低刺激な育毛剤を厳選!
人気5商品を徹底比較
有効成分、コスパ、特徴など5項目で徹底比較。
個人差はありますが、季節でいえば7月、8月、9月が抜け毛のピークといわれます。髪の生え方や抜け方は季節によって違いますし、髪が伸びるスピードも気温によって左右されるなど季節と髪の毛の成長というのは連動しています。