女性用育毛剤NO.1トップ >  > 薄毛治療は皮膚科ではなく女性専用の頭髪外来へ!

薄毛治療は皮膚科ではなく女性専用の頭髪外来へ!

薄毛治療は皮膚科ではなく女性専用の頭髪外来へ! 薄毛の悩みを病院で相談する!

「育毛剤を1年以上使ったけれど効果がなかった」
「抜け毛だけじゃなく、むくみやだるさもある」
「加齢や女性ホルモンの減少を心配するような年齢じゃないのに抜け毛がひどい」


こんなときは、一度、薄毛治療を専門とする病院(頭髪外来or薄毛外来)で診てもらったほうがいいかもしれません。


抜け毛や薄毛が気になるという場合、皮膚科に行くという人も多いのですが、一般的な皮膚科は頭皮のトラブル(フケ、皮膚炎)や円形脱毛症の治療は行ってはいても薄毛治療には対応していないことがほとんどです。


なかには薄毛の診療も行っている皮膚科もありますが、マニュアル通りにミノキシジルやプロペシアを処方するだけでろくに診察もしないところも多いです。男性なら処方する薬やある程度決まっているので、そんな診察でも効果がでるかもしれませんが、薄毛の原因が複雑な女性の場合、そうはいきません。


ストレスの影響や生活習慣の乱れ、女性ホルモンなど、さまざまな角度から薄毛の原因を診断し、適切な治療を行わないと結果がでないため、薄毛についての専門的な知識と豊富な経験がある専門医のほうが信頼できるわけなんですね。


頭髪外来ではどんな治療を行うの?

最近は、女性のみを対象とした女性専用の頭髪外来(薄毛外来)を設けているクリニックも増えているので、薄毛治療に抵抗がある人も安心して利用できる環境が整い始めています。


医療機関での薄毛治療の流れを簡単に紹介しておきます。


【1】カウンセリング

問診票に過去の病歴やアレルギーの有無、髪についての質問の回答を記入。カウンセリングでは、診療内容や治療期間、費用、薬の服用に関する注意事項などを説明してもらえます。

【2】頭部の写真撮影

生え際や頭頂部の発毛状態を写真撮影します。治療開始前と比較して治療経過を判定するためのものなので、治療開始後は通院の際に定期的に写真を撮って経過を観察することになります。

【3】診察・検査

専門医によって診察(問診・視診・触診)が行われます。その後、全身の健康状態やホルモンバランスをチェックするため、血液検査やホルモン検査などを実施して、女性に多い抜け毛をともなう病気が隠れてないかを調べます。

【4】薬が処方されて、治療がスタート!

初診から1週間後、血液検査の結果を踏まえて最終的な診断が下され治療方法が決定されます。病気が見つかれば、その治療を優先的に行います。甲状腺の病気が薄毛の原因であれば、甲状腺の治療をすれば薄毛も改善するからです。


病気が見つからなければ、患者さんの髪の状態にあった内服薬と外用薬を処方します。

【5】定期診察:1か月に1回の通院

その後は基本的に1か月に1回の通院になり、診察と薬の処方、頭部の写真撮影があります。(定期診察の場合、診察時間は15分程度)


栄養状態に問題があれば食生活の指導あるいはサプリメントが処方されることもありますし、日常のヘアケア(シャンプーの選び方や使い方)についてもアドバイスが受けられます。


頭髪外来での薄毛治療によくあるQ&A

薄毛は病院で治療できる時代になってからだいぶ経ちますが、気軽に足を運べる場所かというと、薄毛という悩みの性質上、なかなか簡単にはいかないのも事実です。


人に相談できずにいた悩みだから「相手が医師でも相談するのは不安」「薄くなった頭頂部をみられるのが恥ずかしい」「お金がどれぐらいかかるか心配」という人もいると思います。


ここではそんな不安をよくある質問に対する応えてみました。


薄毛治療を受ければ必ず髪は生えてくる?どれぐらいの期間、治療するの?

残念ながら100%髪が生えてくるわけではありません。治療は一般的に1年~1年半後にピークを迎えるように継続しておこないますが、成功率は7~8割といったところです。


効果があらわれてくる時期は患者さんの症状や薬の種類によっても異なってきます。治療の効果が出始めるおおよその目安としては、内服薬が6ヶ月前後、外用薬は6~8か月くらい。


1年~1年半経った時の髪の状態が一応の治療の結果になります。その後は効果を維持する治療に切り替わりますが、この時点で満足いく発毛がなければ残念ながらそれが限界です。また、 治療を全く止めてしまうと、時間の経過とともにまた薄くなってしまいます。

保険は効きますか?

薄毛治療は保険は適用されません。


自由診療であるため、医療機関・クリニックが独自に料金を設定しており、治療費はさまざまです。治療にかかる費用は一番気になるところですから、必ずホームページなどをチェックして確認しておきましょう。


クリニックによっては無料相談であったり、初診時にカウンセリングを設けているので、その際に、治療にかかる費用はどれぐらいになるのか?きちんと確認しておいたほうがいいです。

今、65歳です。年齢的に無理ですよね?

薄毛治療における年齢制限は下限はあっても上限はありません。(※)


もともと発毛治療は、中高年から上の世代を想定しているので、50~60代はもちろん、70代や80代の方であっても薬の投与の障害となる健康面の問題がなければ治療は受けられますし、効果が期待できます。


薄毛治療は、治療の開始年齢よりも薄毛の進行に気づいてから経過している時間(薄毛の進行度)のほうが治療効果に影響するので、以前と比べてスタイリングが決まらなくなった、分け目が目立つ、地肌透けてみえるなど見た目の変化が気になりだしたら、一度、カウンセリングだけでも受けにいったほうがいいです。

※10代の女性の場合、身体が発育途上やホルモンバランスが不安定なこともあり、医薬品を使った薄毛治療は安全性や有効性が保証できないと制限される可能性があります。

テレビCMをしている育毛サロンとは何が違うの?

医学的根拠にもとづく薬剤を中心として発毛治療を行うのが頭髪外来であり、発毛率など治療をうけた結果の統計データがはっきりしているという特徴があります。


育毛サロンは独自の育毛理論に基づく施術をしており、オリジナルシャンプーや育毛剤、マッサージといった頭皮ケアが中心です。結果の統計などは教えてもらえません。


あくまで育毛サロンはエステと同じなので、頭皮にトラブルが行ったときなど問題が起きたときに医療行為ができないので対応が遅れるなど心配な点はたくさんありますよね。


育毛サロンと頭髪外来の違いについては「育毛サロンと頭髪治療専門クリニックの違い」で詳しく比較してあるのでチェックしてみてください。


頭髪外来についての当サイトコンテンツ

薄毛治療は皮女性専用の頭髪外来へ! ≪薄毛治療は女性専用の頭髪外来へ!≫
確実な発毛効果を期待するなら薄毛治療専門の頭髪外来に行くのがオススメ!経験豊富な専門医が診断・検査・治療してくれるため深刻な抜け毛や薄毛も7~8割の確率で回復します。
女性の薄毛治療に使われる治療薬について ≪女性の薄毛治療に使われる治療薬について≫
頭髪外来での薄毛治療は薬剤を経口投与したり、外用薬を患部に塗布するなどの「保存的療法(内科的療法)」がメインです。発毛を促す作用のある薬、脱毛を抑制する薬について紹介します。
育毛・発毛サロンと頭髪治療専門クリニックの違い ≪育毛サロンと頭髪治療専門クリニックの違い≫
医療機関での薄毛治療と民間の育毛サロンで行われている育毛・発毛サービスの違いってご存じですか?貴重な時間とお金を無駄にしないためにも違いをしっかり知っておく必要があります。
女性専用の頭髪外来の選び方 ≪女性専用の頭髪外来の選び方≫
最後の手段が医療機関での薄毛治療です。失敗すると髪だけでなくお金も失いますから、4つのポイントをチェックしてあとで後悔しないようにきちんと女性専用の頭髪外来を選びましょう。

PICK UP!育毛剤選びのヒント

価格とコスパで選ぶ
定期購入(6か月)した場合のコストを調査。
頭皮への優しさで選ぶ
敏感肌・乾燥肌も安心の低刺激な育毛剤を厳選!
人気5商品を徹底比較
有効成分、コスパ、特徴など5項目で徹底比較。
確実な発毛効果を期待するなら薄毛治療専門の頭髪外来に行くのがオススメ!経験豊富な専門医が診断・検査・治療してくれるため深刻な抜け毛や薄毛も7~8割の確率で回復します。特に20代で薄毛が深刻な人、更年期に入った40・50代女性は一度、診察してもらったほうがいいです。