女性用育毛剤NO.1トップ >  > 女性の薄毛治療に使われる治療薬について

女性の薄毛治療に使われる治療薬について

女性の薄毛治療に使われる治療薬について 女性の薄毛治療薬にはどんなものがある?

頭髪治療専門のクリニックでの薄毛治療は「保存的療法(内科的療法)」といって、薬剤を経口投与したり、外用薬を患部に塗布するなどの薬物療法がメインです。


どのような治療薬が処方されるかは、患者さんの薄毛の進行具合や頭皮の状態、血液検査の結果、アレルギーの有無などによって異なりますが、外用薬と内服薬は併用して使うことが多いです。


● ミノキシジル(外用薬)やパントガール(内服薬)で育毛・発毛を促進
● パントスチン(外用薬)で抜け毛・薄毛の進行を防ぐ


というように積極的に発毛を促す「攻め」と脱毛を抑制する「守り」の両面からアプローチするのが薬剤(外用薬・内服薬)を使った頭髪治療の特徴といえると思います。


ここでは、女性の薄毛治療に使われる治療薬についてどのようなものがあるか?といったことを詳しく解説していきたいと思います。


薄毛治療薬は「外用薬・内服薬・注射・点滴」の4タイプ

発毛治療は外用薬と内服薬を併用した治療が基本です。


それだけでも充分な効果が期待できると思いますが、オプションとして注射や点滴を使って有効成分を注入するという方法もあるので、比較する意味も込めて一緒に紹介しておきます。

外用薬(塗り薬・つけ薬)

頭皮に塗って使います。


頭皮につける外用薬として最も一般的なのはミノキシジルを配合した育毛剤であり、女性の場合では製品名でいうと、リアップジェンヌ、ロゲイン2%が有名ですが、頭髪外来では院内製剤で濃度を調整したものが処方されることもあります。


ミノキシジルは血管拡張作用があり、血流を促進することで毛母細胞に働きかけて乱れたヘアサイクルを整えてくれる成分。他にも、抜け毛を抑制するパントスチン、KGF(毛母細胞成長因子)を高濃度に配合したスカルプエッセンスなども外用薬として処方されることが多いです。

内服薬(飲み薬)

体内からのサポートも育毛・発毛には欠かせません。


これまで内服薬というと男性のAGA治療に使用されてきたプロペシア(一般名:フィナステリド)くらいしかなかったんですが、現在は、女性用の内服薬というと、びまん性脱毛症や産後の抜け毛に効果のあるパントガールが代表的なものになっています。


他にも、内服用のミノキシジルタブレット、頭皮環境を整えて代謝を促進するなどの効果が期待できるビタミン・ミネラルを含んだ栄養剤、パントテン酸や抗酸化作用成分を配合したサプリが処方されることもあります。

注射(ハーグ療法、育毛メゾセラピー)

毛髪再生のための有効成分や必要な栄養素をダイレクトに頭皮に注入します。


有名なところでは「ハーグ療法」というものがあり、脂肪肝細胞から抽出したAAPEと呼ばれる成長因子をビタミンB群など他の有効成分と一緒に薄毛が気になるところに注射します。


注射といっても針が細く、表皮を貫かない程度の深さまでしか針をいれないので出血もなければ痛みもありません。有効成分が確実に毛根に届くこともあり、注射による注入の効果は高いですが、治療費がかなり高額になってしまう点がネックといえます。

点滴(発毛点滴)

毛髪の成長や頭皮環境を健やかに保つために必要なアミノ酸やビタミンB群、微量元素をはじめ、プラセンタエキスなど髪の成長と健康にプラスに働く成分を点滴で補う治療もあります。


点滴は食事やサプリメントからでは大量に摂取することが難しい有効成分を補うことに適していますが、他にも、αリポ酸やキレート剤を用いたデトックス点滴のように、毛髪検査を行って体内に蓄積されている水銀などの有害重金属が多いことがわかった場合、それらを排出する目的でも点滴を利用されることがあります。


※水銀は健康な毛髪の成長を阻害したり、白髪の原因になります。


頭髪外来についての当サイトコンテンツ

薄毛治療は皮女性専用の頭髪外来へ! ≪薄毛治療は女性専用の頭髪外来へ!≫
確実な発毛効果を期待するなら薄毛治療専門の頭髪外来に行くのがオススメ!経験豊富な専門医が診断・検査・治療してくれるため深刻な抜け毛や薄毛も7~8割の確率で回復します。
女性の薄毛治療に使われる治療薬について ≪女性の薄毛治療に使われる治療薬について≫
頭髪外来での薄毛治療は薬剤を経口投与したり、外用薬を患部に塗布するなどの「保存的療法(内科的療法)」がメインです。発毛を促す作用のある薬、脱毛を抑制する薬について紹介します。
育毛・発毛サロンと頭髪治療専門クリニックの違い ≪育毛サロンと頭髪治療専門クリニックの違い≫
医療機関での薄毛治療と民間の育毛サロンで行われている育毛・発毛サービスの違いってご存じですか?貴重な時間とお金を無駄にしないためにも違いをしっかり知っておく必要があります。
女性専用の頭髪外来の選び方 ≪女性専用の頭髪外来の選び方≫
最後の手段が医療機関での薄毛治療です。失敗すると髪だけでなくお金も失いますから、4つのポイントをチェックしてあとで後悔しないようにきちんと女性専用の頭髪外来を選びましょう。

PICK UP!育毛剤選びのヒント

価格とコスパで選ぶ
定期購入(6か月)した場合のコストを調査。
頭皮への優しさで選ぶ
敏感肌・乾燥肌も安心の低刺激な育毛剤を厳選!
人気5商品を徹底比較
有効成分、コスパ、特徴など5項目で徹底比較。
頭髪外来での薄毛治療は薬剤を経口投与したり、外用薬を患部に塗布するなどの「保存的療法(内科的療法)」がメインです。併用されることが多い発毛を促す作用のある薬剤と脱毛を抑制する作用のある薬剤について紹介します。