女性用育毛剤NO.1トップ >  抜け毛・薄毛の状態は? >  生え際後退(M字型薄毛)

生え際が後退するM字型薄毛が女性に急増中!

生え際が後退するM字型薄毛 女性の生え際の後退(M字型薄毛)について

女性の薄毛というと、髪全体が薄くなり、つむじ部分を含む頭頂部が透けたり、分け目が広がって目立ってくるびまん性脱毛症がほとんどだとこれまでは考えられていました。


男性の薄毛に見られるようなおでこの生え際や剃りこみ部分が後退してくれるタイプの薄毛(AGA=男性型脱毛症)は男性ホルモンの多い男性特有のものであり、女性にそうした薄毛の症状があったとしても女性ホルモンがなくなる閉経後と考えられていたんですね。


しかし、実際はというと抜け毛・薄毛に悩む女性の4人に1人は男性と同じように額の生え際(前頭部)から薄毛が始まっていて、20代・30代といった若い女性を中心に増えていることが最近の調査で判明しています。


女性にも微量ながら抜け毛を促進する男性ホルモンが存在していて、その影響による薄毛を女性男性型脱毛症(FAGA)といいます。女性男性型脱毛症(FAGA)の特徴はなんとしても前髪から髪が薄くなる、額の生え際が後退していくということ。


「おでこが広くなったような気がする...。」「前髪の生え際が薄くなったような...。」という場合は、女性男性型脱毛症(FAGA)を疑ったほうがいいかもしれません。


※他にも前髪が薄くなったり額の生え際が後退してしまう理由に、髪を後ろで束ねている人に多い生え際が引っ張られておこる「牽引性脱毛症」が原因というケースもあります。

生え際が後退するのは、発毛阻害因子(DHT)が原因

生え際の後退(M字型薄毛)は、男性ホルモンと5αリダクターゼが結合することでできるDHT(ジヒドロテストロステロン)という発毛阻害因子がヘアサイクルを乱してしまうのが原因です。


おでこが広がるように生え際が後退したり、剃りこみ部分がM字に薄くなっていってしまうのは、額(前頭部)の生え際部分が、DHT(ジヒドロテストロステロン)の影響が強く現れる部位だからなんです。


※前頭部から髪が薄くなるのは前頭部の毛乳頭に男性ホルモンの受容体があるため。後頭部は男性ホルモンの受容体がないため、男性型脱毛症はまず起こりません。


女性にも男性のおよそ1/20の量の男性ホルモンがありますが、普通は女性ホルモンのエストロゲンによってその作用が抑制されています。そのため、男性ホルモンの影響を受けて髪が薄くなるといっても生え際が後退するようなことは起こらないといわれていましたが、どうもその常識は覆りつつあるようです。


この背景には、働きにでる女性が増え、仕事による多忙や人間関係のストレス、睡眠不足や偏った食生活など生活習慣の乱れに心身がさらされる機会が増えていることで、ホルモンバランスが乱れて、男性ホルモンが刺激されて、女性の男性化が進んでいるということが関係していると考えられています。


もちろん、ホルモンバランスが乱れる最大の原因は40代後半ごろから始まる更年期であり、閉経です。更年期はこれまで女性の心身の健康を支えていた女性ホルモンが急激に減少してくるので、女性ホルモンが抑制していたさまざまな健康や美容上の問題が噴出してきます。


そのうちの1つがDHT(ジヒドロテストロステロン)=発毛阻害因子なわけです。


女性ホルモンのエストロゲンには男性ホルモンを抑制する作用があるので、エストロゲンが正常に分泌されているかぎりは、男性ホルモンの影響を受けて額の生え際が後退していくといったことは起こりません。


しかし、加齢やストレス、不規則な生活で女性ホルモンのバランスが乱れてしまうと男性ホルモンの抑制が効かなくなってくるため、男性ホルモンの発毛阻害因子による影響が増して、生え際の後退といった薄毛が進行してしまうことになるんですね。

女性男性型脱毛症(FAGA)について

前述したように女性も男性のように前髪から髪が薄くなってくる人が4人に1人程度の割合でいます。


前髪が薄くなってしまうと、ドライヤーとブラシを使ってどうにか立ち上げようとしてもすぐに髪がヘタってしまうので、思い通りの髪型にならず、毎朝のスタイリングに苦労するようになりますよね。


毛量がないばかりでなく、髪にハリやコシがなくなってしまうことも多いので、正面からのアングルが貧相な印象を与えてしまうのも問題です。「とにかく前髪は死守したい!」という人は多いでしょう。


女性ホルモンは35歳前後を境にしてゆるやかに減少しはじめ、更年期から閉経の間に髪のハリやコシ、ボリュームを強化してくれていた女性ホルモンが急激に減少してしまうので、この間に男性ホルモンの影響による女性男性型脱毛症(FAGA)を発症する人が一番多いです。


女性ホルモンが減少する原因には加齢以外にもさまざまなものがあります。


ストレス

ストレスで交感神経が優位に状態になると、同じ視床下部から命令が下されているホルモン分泌にも影響がでるため女性ホルモンの分泌に影響が出ます。


とはいえ、「ストレスをなくせ」と言われたところで自分でストレスなくせるくらい誰も苦労しないというのが本当のところ。髪がなくなってること自体がストレスになるのでストレス対策が一番難しいのは確かです。

コレステロール(脂質)不足

長らくダイエットの敵として扱われてきた脂質ですが、コレステロールは女性ホルモンの材料になるものですし、ホルモンバランスを保つ役割があります。


大豆イソフラボンが女性ホルモンにいいという話はよく聞くと思いますが、脂質はそれ以上に大事です。飽和脂肪酸や不飽和脂肪酸をバランス良く摂取してマーガリンやショートニングに含まれるトランス脂肪酸は避けるというのが正しい脂質との付き合い方です。

痩せすぎ体型に要注意!

適度な脂肪があることで卵巣・子宮を温かく保つことが大事なのは冷え症で苦しんでいる女性なら実感できるはず。また体脂肪はホルモン代謝に欠かせないものでもあるため、女性ホルモンを安定して分泌するためには、体脂肪を維持することは非常に重要です。

睡眠時間をできるだけ確保すること!

NHKの国民生活時間調査(2015年)によると、男女あわせた全世代で一番睡眠時間が短いのが50代女性(6時間31分)、次に短いのが40代女性(6時間41分)というと結果になっています。


睡眠不足そのものが身体的なストレスになりますし、脳の視床下部や下垂体の機能も低下させるので、女性ホルモンの分泌が乱れる原因に。女性ホルモンが乱れると睡眠障害の原因になるといわれているので睡眠と女性ホルモンは密接に関係していると覚えておいたほうがいいです。


閉経後も副腎皮質から女性ホルモンは分泌されるので、まったくの「0」になってしまうわけではないんですが、それでも閉経前と比べると、スズメの涙ほどの分泌量になってしまいます。


「生え際が後退したような..。」「剃りこみ部分が広がったような....」心配になるとキリがない前頭部の薄毛ですが、女性男性型脱毛症(FAGA)の場合、髪が薄くはなることはあっても、禿げ上がることはありません。


気休めにはやらないと思いますが、禿げあがってしまう男性のAGAとはそこが異なります。

生え際の後退(M字型薄毛)を防ぐ対策方法は?

20代・30代はストレスや生活習慣、40歳前後からは加齢が主な要因となって女性ホルモンのバランスが崩れることにより、生え際の後退(M字型薄毛)が起こるということをここまで解説してきました。


女性ホルモンのバランスが乱れると髪の成長期を持続させる働きのあるエストロゲンの分泌量が減ってしまいます。これによって何が起こるかというと、


ヘアサイクルが短くなり、髪の成長が阻害されてしまう。

抜け毛を促す男性ホルモンの働きを抑制できなくなってしまう。


抜け毛の量に対して発毛量が追い付かなくなってしまうため、髪が薄くなってしまうわけです。


こうした前髪が薄くなる、おでこが広くなって生え際が後退するといった事態を防ぐためにできることは以下のとおり。年齢によって対策に力を入れる点が多少異なるので要チェックです。

20代・30代のおでこの後退(M字型薄毛)を防ぐ対策方法

20代・30代の若い人は、ストレスが一番の要因です。仕事を辞めたり、職場の人間関係が改善したらストレスも一気になくなりますがさすがにそれはちょっと難しいですよね。


ストレスをなくすというのは難しいですが、緩和するということであれば、運動をしたり、しっかり睡眠をとるといったことは効果的なので、最優先して取り組んで欲しいところです。


他には、女性ホルモンの材料となるコレステロール(脂質)を摂取する、過度なダイエットで体脂肪を減らさない、身体を温めて子宮・卵巣を冷やさない、血行を維持するといったことが対策の中心になると思います。

40代以降の生え際の後退(M字型薄毛)を防ぐ対策方法

40代、50代といった更年期(閉経含む)に入ってからは、大豆イソフラボン(エクオール)やプラセンタなどを摂取して卵巣機能を安定化させるなど、体の内側からのホルモンケアなども必要になってくると思います。

髪や頭皮の状態、薄毛の進行具合にもよりますが、女性専用の薄毛外来では通常の投薬治療に加えて、ホルモン療法が追加されることがあるといいますから、生え際の後退が深刻な人はそうした手段もあるということは覚えておいたほうがいいかもしれません。

頭皮ケア・育毛ケアでできることは!?(※年代問わず共通)

女性ホルモンのエストロゲンは血管のしなやかさを保つ作用もあるものなので、エストロゲンの分泌に問題があると、血管が劣化し、血行に影響がでてきます。


血流の悪化は頭皮環境や毛根の活性にとって死活問題ですから、血行促進作用のある育毛剤を使って、エストロゲン不足の影響で弱った部分を補ってあげることが大事です。


それから、毛乳頭(毛母細胞)を活性化させる有効成分を浸透させることで発毛阻害因子に負けない強く太い毛根をつくることも重要です。毛根の活力となる有効成分を浸透させるタイプの育毛剤を使うようにしましょう。

生え際の後退(M字型薄毛)は"毛母細胞を活性化させる"

ストレス対策に加えて毛母細胞(毛乳頭)を活性化して発毛阻害因子に負けないようにすることがポイント。女性男性型脱毛症(FAGA)は弱い男性型脱毛症(AGA)といえますが、AGAに効果のあるプロペシアが女性は使えないためヘアケアと生活習慣の改善で対処するほかありません。

PICK UP!育毛剤選びのヒント

価格とコスパで選ぶ
定期購入(6か月)した場合のコストを調査。
頭皮への優しさで選ぶ
敏感肌・乾燥肌も安心の低刺激な育毛剤を厳選!
人気5商品を徹底比較
有効成分、コスパ、特徴など5項目で徹底比較。
女性男性型脱毛症(FAGA)の場合、男性の薄毛と同じように前頭部(おでこの生え際)が薄くなったり、後退していってしまうケースがあります。いわゆるM字型薄毛は女性には当てはまらないといわれていましたが、最近は額の生え際の後退や前髪の薄毛に悩む女性が増えています。