頭頂部・分け目が薄いのが気になるときは....

頭頂部・分け目が薄い 頭頂部が透けて分け目が目立つ

「地肌が透けてしまい、同年代の友人達の間で自分が一番老けて見えるのが辛い。」
「背が高い人に上から見下ろされるとハゲているのが分かって恥ずかしい。」


頭頂部やつむじを中心に髪全体の密度とボリュームがなくなり、地肌が透けて見えるようになったり、分け目が薄くなって目立ってしまうというのが女性に最も多い薄毛の症状です。


こうした女性の典型的な薄毛の症状は「女性型脱毛症」や「びまん性脱毛症」と呼ばれますが、こうした女性の薄毛は髪の毛がどんどん抜けて髪の量が減っていくというよりは、1本1本の髪が細く短くなって、毛量が減ってしまう点に特徴があります。


加齢による毛根の活力の低下や代謝機能の低下、女性ホルモン(エストロゲン)の分泌量が減少してホルモンバランスが乱れるといったことで、ヘアサイクルが乱れてしまうことが「びまん性脱毛症」の根本的な原因だと考えられています。


頭頂部やつむじ周辺の髪の状態というのは、上から角度をつけて見ることではじめてわかるので、普段、真正面から自分の顔を鏡で見ているだけでは気づきません。


他人に指摘されてはじめて頭頂部や分け目が薄くなっていることに気づく人も多いわけですが、他人に指摘されるということは、それだけ薄毛が進行してしまっているということでもあるので、対策が遅れてしまった分だけ回復にも手間取ることが多いです。

頭頂部から薄くなる女性特有の「びまん性脱毛症」

薄毛に悩む女性のおよそ半数は、頭頂部から薄くなってしまう「びまん性脱毛症」です。


ハリやコシがなくなり、ボリュームがなくなって髪がぺちゃんこになってしまうという人から、地肌が透けて分け目が広がってしまって、帽子を被らないと外出できないというぐらい頭髪がスカスカになってしまう人まで、その程度はさまざま。


もともと髪が細い人、縮毛矯正やカラーリングのダメージが蓄積されている人などは、びまん性脱毛症を発症することで、より髪が細くなってしまい、薄毛や抜け毛が進行する傾向があるといえますが、どの程度まで髪が薄くなるかは個人差があります。


同様に、びまん性脱毛症は、何が原因になっているかは、その人ごとに違っていることが普通です。


びまん性脱毛症の原因になるもの

加齢変化(血流低下、頭皮環境の悪化)
妊娠・出産・更年期・閉経(ホルモンバランスの変化)
仕事、家庭内の問題(子供の受験、親の介護)
生活習慣の乱れ(ダイエット、栄養障害)
頭皮のトラブル(過剰な皮脂分泌、頭皮の乾燥、紫外線ダメージ)
婦人科系疾患や甲状腺の病気


など、共通の背景としては頭皮の血流の低下とホルモンバランスの乱れ(低下)が確認できますが、びまん性脱毛症に悩む人の数だけさまざまなパターンや組み合わせがあり、その人なりの数々の要因が重なることで薄毛や抜け毛が進行しているという状態です。


女性のびまん性脱毛症の原因については、遺伝の可能性も「0」とは言い切れませんが、今のところ、男性と違って関与する特定の遺伝子は見つかっていません。どちらかというと、遺伝子というよりは環境や生活習慣といった後天的な問題の影響のほうが大きいのでは?と考える識者も多いです。


だからこそ、髪によい生活習慣と正しい頭皮ケアや育毛ケアを心がけることで、抜け毛を防ぎ、強くて太い髪を育てることが大切になってきます。発見が遅れやすいという特徴のあるびまん性脱毛症ですが、対策は早いうちからはじめたほうがいいのはいうまでもありません。

分け目が薄い人は牽引性脱毛症が原因かも!?

分け目が広がってきたり、薄くなって目立ってきてしまう場合、びまん性脱毛症以外には牽引性脱毛症という可能性もあります。特に毎日同じ髪の分け目にしている方はその可能性大です。


牽引性脱毛症というのは、髪が引っ張られた状態が長時間続くことで頭皮が緊張状態になり、毛根に過度の負担がかかったり、うっ血することで髪が抜けてしまう脱毛症のことをいいます。


髪を1つに束ねてまとめるポニーテールやツインテール、それからエクステなどを使った髪型にしている人は特に注意が必要で、毎日同じ分け目や束ね方をしていると、常に頭皮の特定箇所に負担がかかってしまうので、その部分の毛根がダメージを受けてしまいます。


気づいた時には、おでこの生え際や髪の分け目が広がって薄くなってしまっており、回復するのに数年間はかかるという非常にやっかいな脱毛症なので、髪が長くて普段束ねている人は絶対にその存在を知っておかないといけない脱毛症になります。


牽引性脱毛症によって薄くなってしまった髪は時間が経てばまた生えてきますが、血行を促進したり、ダメージを受けた毛根を活性化させるなど、髪が生えやすいようにサポートしてあげると回復が早いといわれています。

毎日同じ分け目だと紫外線ダメージも深刻に!

頭頂部や分け目というのは場所柄、紫外線を浴びやすいです。紫外線による活性酸素や炎症は毛根や頭皮に大きなダメージを与えるわけですが、毎日同じ分け目だと地肌が露出している部分が頭皮のほかの部分に比べて突出して紫外線ダメージを受けるので、分け目の部分だけ髪が薄くなる・ハゲるということにもなりかねません。

頭頂部・分け目の育毛を促進する方法は?

頭頂部やつむじが薄くなり、分け目が目立ってきたという場合、加齢などによる頭皮環境の悪化とホルモンバランスの乱れによって、ヘアサイクルが乱れた「女性型脱毛症(=びまん性脱毛症)」が原因であることが多いというのはここまでお伝えした通りです。


年齢とともにどうしても細胞の活力は弱まり、血行も悪くなってしまうわけですが、それをなんとかして食い止めて、代謝やめぐりを保つということができれば、髪と頭皮の健康を維持できるだけでなく、成長期が短くなり、休止期が長くなってしまったヘアサイクルを整えることにもつながります。


ヘアサイクルを正常化させるためにどんなことをできるかを紹介すると、

頭髪外来・薄毛外来でパントガールを処方してもらう。

パントガールは女性特有の薄毛(びまん性脱毛症・分娩後脱毛症)に対して、抜け毛防止や発毛効果が認められた世界初の内服薬としてす。男性の薄毛治療では、「ミノキシジル&フィンペシア」の併用という有効な手段があるわけですが、女性はこのパンドガールなんですね。


「70%の方が抜け毛の減少を実感」という効果が期待できるパントガールですが、医薬品なので医師の処方が必要になります。成分的にはアミノ酸やタンパク質、ケラチン、ビタミンB群を配合したサプリメントに近いものなので、副作用がなく安全性に定評があるのが特徴といえます。

鉄欠乏性貧血に要注意!

ダイエットなどカロリー不足をはじめ、 鉄欠乏性貧血や亜鉛欠乏など栄養障害が原因で脱毛症が起きていることがあります。特に女性が気をつけないといけないのが鉄欠乏性貧血といって、鉄分不足による貧血です。


貧血になると、髪の毛や頭皮に必要な栄養素が行き渡らなくなるため、毛髪をつくる毛乳頭や毛母細胞の活性が低下し、ヘアサイクルが乱れて休止期が長くなるなど、髪が成長しにくい状態になるので、毛量を保つことができなくなります。

硫酸系シャンプーは止める!

ドラッグストアなどにあるシャンプーは大概、洗浄剤としてラウレス硫酸Na、ラウレル硫酸Naを使用している硫酸系シャンプーです。値段が安く、洗浄力は強いという特徴がありますが、頭皮にとっては脱脂力が強すぎるうえ、刺激になるのでマイナスの影響のほうが大きいです。


ココイルグルタミン酸TEAなどのアミノ酸系、ラウラミドプロピルぺタインなどのベタイン系などの洗浄成分は乾燥しがちな大人の女性のデリケートな頭皮をやさしく洗ってくれるのでおすすめです。シリコンやノンシリコンというのは育毛に関係しないので無視していいです。

育毛剤で栄養補給+血行促進

基本は血行促進と毛根の活性化なので、育毛剤や頭皮マッサージなどで血行を促進し、髪をつくる毛乳頭・毛母細胞を活性化させる有効成分を与える頭皮ケア・ヘアケアに重点をおいて、乱れたヘアサイクルを正常に戻しましょう。

根気よく栄養補給+血行促進を続けること!

乱れたヘアサイクルを正常に戻すには最低でも6か月はかかります。しかし、一度髪が生えた場合、その効果が長続きするなど男性と比べて女性の育毛は効果が出やすいのが特徴です。根気よく、忍耐強く、育毛を続けてください。

PICK UP!育毛剤選びのヒント

価格とコスパで選ぶ
定期購入(6か月)した場合のコストを調査。
頭皮への優しさで選ぶ
敏感肌・乾燥肌も安心の低刺激な育毛剤を厳選!
人気5商品を徹底比較
有効成分、コスパ、特徴など5項目で徹底比較。
髪全体が薄くなり、頭頂部が透けてきたり、分け目が広がって目立ったきたりというのが女性の薄毛に一番多くみられる症状です。加齢やホルモンバランスの影響が大きいですが、毎日の髪型が原因で分け目が薄くなってくることもあります。