女性用育毛剤NO.1トップ > 頭頂部・分け目が薄い > 頭頂部から薄くなる女性特有の「びまん性脱毛症」

頭頂部から薄くなる女性特有の「びまん性脱毛症」

薄毛に悩む女性のおよそ半数は、頭頂部から薄くなってしまう「びまん性脱毛症」です。


ハリやコシがなくなり、ボリュームがなくなって髪がぺちゃんこになってしまうという人から、地肌が透けて分け目が広がってしまって、帽子を被らないと外出できないというぐらい頭髪がスカスカになってしまう人まで、その程度はさまざま。


もともと髪が細い人、縮毛矯正やカラーリングのダメージが蓄積されている人などは、びまん性脱毛症を発症することで、より髪が細くなってしまい、薄毛や抜け毛が進行する傾向があるといえますが、どの程度まで髪が薄くなるかは個人差があります。


同様に、びまん性脱毛症は、何が原因になっているかは、その人ごとに違っていることが普通です。


びまん性脱毛症の原因になるもの

加齢変化(血流低下、頭皮環境の悪化)
妊娠・出産・更年期・閉経(ホルモンバランスの変化)
仕事、家庭内の問題(子供の受験、親の介護)
生活習慣の乱れ(ダイエット、栄養障害)
頭皮のトラブル(過剰な皮脂分泌、頭皮の乾燥、紫外線ダメージ)
婦人科系疾患や甲状腺の病気


など、共通の背景としては頭皮の血流の低下とホルモンバランスの乱れ(低下)が確認できますが、びまん性脱毛症に悩む人の数だけさまざまなパターンや組み合わせがあり、その人なりの数々の要因が重なることで薄毛や抜け毛が進行しているという状態です。


女性のびまん性脱毛症の原因については、遺伝の可能性も「0」とは言い切れませんが、今のところ、男性と違って関与する特定の遺伝子は見つかっていません。どちらかというと、遺伝子というよりは環境や生活習慣といった後天的な問題の影響のほうが大きいのでは?と考える識者も多いです。


だからこそ、髪によい生活習慣と正しい頭皮ケアや育毛ケアを心がけることで、抜け毛を防ぎ、強くて太い髪を育てることが大切になってきます。発見が遅れやすいという特徴のあるびまん性脱毛症ですが、対策は早いうちからはじめたほうがいいのはいうまでもありません。

PICK UP!育毛剤選びのヒント

価格とコスパで選ぶ
定期購入(6か月)した場合のコストを調査。
頭皮への優しさで選ぶ
敏感肌・乾燥肌も安心の低刺激な育毛剤を厳選!
人気5商品を徹底比較
有効成分、コスパ、特徴など5項目で徹底比較。
薄毛に悩む女性のおよそ半数は、頭頂部から薄くなってしまう「びまん性脱毛症」です。 ハリやコシがなくなり、ボリュームがなくなって髪がぺちゃんこになってしまうという